5,500円以上のご購入で
送料無料
一部地域を除く
はじめにお読みください

Blog

2021/07/03 21:15


デザイン性の高いスカーフは身にまとうだけでなく、インテリアでも愉しみたいですよね。

<インテリアで愉しむ方法>

当店のスカーフでは③が一番お勧めです♪

①額縁に飾る
エルメスのカレなど高価なスカーフを額縁に入れて飾る方法があります。とても素敵なインテリアになりますが、専用の額縁が必要で、皴なく飾るには職人の手作業が必要となり、スカーフも再利用できないように額縁にセットされることが一般的です。費用も3万円前後かかるため、多くの方にとってハードルが高い方法となっています。

②壁に張る
剥がせる両面テープ類で壁に張る方法があります。
当店でもサンプル撮影のために、3M社のスコッチ® 掲示用両面テープ 一般・ガラス用(製品番号:859JN)を使用することがあります。布製品ははがれやすいのでこの両面テープは使いやすいかと思いますが、長時間の使用はしていませんので評価ができません。接地面積が少ないので生地が伸びるか痛むのではないかと思われます。

③マグネット式タペストリー棒を使用する
3つの中で最もおすすめな方法です。タペストリーのようにスカーフを吊るして飾ることができます。ただし通常のタペストリー棒はスカーフの生地を傷めてしまいますのでおすすめしません。また下部に重しをつけるタイプも生地を傷める可能性があります。
繊細なシルクスカーフでも痛みにくいのは、スカーフ磁石を使って挟むタイプのタペストリー棒で、できる限り磁石の面積が広いタイプがおすすめです。

なんとあのダイソーさんにとってもいいアイテムがありました。
それがこちらです。


展示するとこのような感じになります。

横浜スカーフはデザインが秀逸なものが多く、身につけない時でもお好みの一枚の図柄を眺めながら暮らしたいですね。

マグネット式タペストリー棒はダイソーさん以外にも発売されていますので検索してみてください。
上下セットになっているものもありますが、スカーフでは下部の重しは使用しないほうが品質を維持できますよ。



<インテリアに人気の商品>


     

カラーコーディネーターの『色を愉しむお店』